1. ホーム
  2. ≫遺伝でハゲる?髪は毎日洗う?睡眠不足はハゲのもと?頭皮ケアの都市伝説7つとは

遺伝でハゲる?髪は毎日洗う?睡眠不足はハゲのもと?頭皮ケアの都市伝説7つとは

遺伝よりも日頃の頭皮ケアが髪に与える影響は大!!

薄毛や白髪は、加齢や遺伝による自然現象のため、防ぎようがない、と思われています。

それは、さまざまなヘアケア商品や育毛法がどんどん出てきているのを見ればわかります。

でも、日頃のケアをしっかりすれば、もしかして美髪が手に入るのかも?

と思っている人は少なからずいます。

実際、あの人、本当は、60代なのに、40代に見える!という人もいます。
化粧だけでなく、髪の印象がすごく出る年代です。

ということは、健やかな髪を取り戻すことももしまして・・・・?

日々のケアを怠ってはいけませんが、よく巷で出回っている髪の7つの都市伝説をご紹介します。

都市伝説1:薄毛やハゲは遺伝する?

ハゲ遺伝

髪の場合は、遺伝や体質が100%出現するわけではありません。

むしろ、遺伝や体質以上に、日頃のケアが、髪の状態を左右します。

例えば、シャンプーで丁寧に洗えば洗うほど、皮脂が洗い落とされます。

不足した皮脂を補おうと皮脂腺が発達するので、皮脂の生成に養分をとられ、髪に栄養が行き届かなくなります。
その結果、髪は細くなり、産毛状態になっていきます。

さらに髪の栄養不足が進むと、髪が抜けて、新しい髪が生えなくなります。

遺伝を気にして、頭皮を清潔にしようとするあまり、髪を洗えば洗うほど、薄毛になる可能性が高くなります。

遺伝を理由に、髪の若返りを諦めるのはやめましょう!

都市伝説2:髪は毎日洗うほうがいい!?

シャンプー

実は、髪は毎日洗う必要がありません。

洗えば洗うほど皮脂量が増え、薄毛やベタつき、ニオイの原因になります。

ただ、皮脂量の多い間は、毎日洗った方が良いでしょう。

その際、シャンプーは使わず、水で洗い流しましょう。

水洗髪を始めた当初、人によってはベタつきやニオイが気になると思いますが、水洗髪を続けていると、徐々に皮脂の分泌が少なくなるので、それも解消されていきます。

ベタつきやにおいがなくなり、皮脂量が減ったと感じたら、髪を洗う間隔を少し空けてみましょう。

都市伝説3.睡眠不足は髪に悪い?

睡眠不足

睡眠時間の長短が、髪に影響するか!?と言われると、どうなんでしょう。

実際、そういった研究がされているのを見つけることができませんでした。

睡眠時間の長さやサイクルが不規則だと、たしかに体全体にストレスを与えるので、髪や頭皮に悪影響が出てもおかしくはありません。

毎日、同じ時間に寝て、同じ時間に起きる、さらにしっかりと睡眠をとる、これが大切です。

都市伝説4.スカルプケアは髪に良い!?

スカルプシャンプー

芸人がCMに出て一気にブレイクしたスカルプシャンプー市場。

スカルプケアとは抜け毛や薄毛を防ぐ、頭皮(スカルプ)ケアです。

専用のシャンプーで、頭皮をマッサージしながら使うのが一般絵t気です。

頭皮を適度にマッサージすることは、血行をよくするので頭皮にはプラスになります。

ただし、指の腹で軽くマッサージする程度にしましょう。

また、シャンプーや整髪料などを使う際、ご自身の体質に合わない成分が含まれていたら、マイナスになります。

皮膚から成分を吸収させる薬があるように、皮膚や頭皮は、さまざまな成分を体内に取り込む性質があります。
なめたり、口にふくんだりできないものを頭皮につけるのは危険です。

基本的には、頭には余計なものをつけないようにしましょう。

都市伝説5.ブラッシングは髪に良い?

ブラッシング

ブラッシングには水では落ちにくいホコリや余分な油脂を、ブラシの毛で絡め取ったり、髪の毛の基部にある油分を、毛の先端まで行き渡らせたりする効果があります。

ブラッシングの際はイノシシや豚など、獣毛のもので髪をゆっくりとかし、頭皮はこすらないようにしましょう。

水洗髪の前に、軽めのブラッシングがオススメです。

都市伝説6.タバコは髪に悪い?

タバコ

髪は、血中酸素濃度が低かったり、血の巡りが悪かったりすると、ダメージを受けます。

タバコを吸うと、軽い一酸化炭素中毒や酸欠状態になり、酸欠によって活性酸素も増えます。

このことから、タバコは、髪にとって最悪と言えるでしょう。

都市伝説7.食べ物で薄毛って防げる?

海藻

一説には、海藻や鶏肉、卵、サーモンなどは、髪にいい食材。
辛いものやお酒、油などは、髪によくない食材と言われてきました。

黒ゴマを食べた人で、髪の毛が増えて、黒くなった!という人もいるようですが、自分に合ったものをある一定量食べると、効果が現れるのかもしれません。

頭皮と皮脂の関係から、脂質のとりすぎはよくありません。

頭皮は排出器官なので、脂質をとればとるほど、その脂を排出しようとします。

その結果、皮脂腺が活性化して、栄養が髪にいかなくなるからです。

炭水化物のとりすぎも同様です。

コーヒーやお酒もメリット、デメリットがあります。
コーヒの場合、ポリフェノールの効果を考えればプラスですが、カフェインの効果を考えるとマイナスです。

お酒も適量なら、リラックス効果で血流がよくなりますが、飲みすぎると脳細胞を興奮させ、脳の低酸素状態をまねきます。
野菜中心の質素な食生活がおすすめです。

シェアをお願いします。